top

共存への想い

猟銃で撃つ。捕獲する。カラス対策は、とにかくカラスを減らそうという手段がとられがちです。
しかし、カラスの賢さ故に、これらの方法はあまり効果的でないと考えられています。

弊社には、カラス同士のコミュニケーションを利用し、鳴き声を使ってカラスの行動をコントロールする技術があります。この技術を応用することにより、捕獲に頼らず平和的にカラスとヒトが共存する社会を実現します。

科学的根拠を元に、本当に効果のあるカラス対策を提案できる。

国立大学での16年間のカラス研究についての知見がある。

宇都宮大学をはじめとした国内外の研究機関とのネットワークがある。

What's New?

過去のNEWS一覧 >

「お困り現場ごとのプラン」

【1】カラスによるゴミ荒らしにお困りの方には...

CrowController

赤外線センサーでカラスを感知し、カラスが嫌がる音でカラスを追い払います。CrowControllerは直線距離4-5m、上下左右60度程度の角度の範囲を検知します。ゴミ置場などの局所的な場所で効果を発揮します。現在、宇都宮市内にて効果検証試験を実施中で、7ヶ月以上カラスの追い払い効果を発揮してます(2/12現在)。

【2】農作物の食害・畜舎への侵入・糞などにお困りの方には...

カラス追い払い音声貸し出しサービス

国立大学での16年間のカラス研究から、鳴き声を使ってカラスをパニックにさせるノウハウが得られました。スピーカーからカラスをパニックにさせる鳴き声を再生することで、その場所が危険であるとカラスに認識させることが可能です。

下記のご注文実績がございます。

  • 駐車場など従業員の車への糞害対策
  • 新車などが置かれるモータープールでの糞害対策
  • 建物の屋上の糞害対策
  • 畜舎への侵入対策
  • 果樹園への侵入対策
  • 【3】市街地での群れなど様々な被害にお悩みの行政ご担当者さまなど...

    現場に適した被害対策のコンサルティング

    国立大学での16年間のカラス研究の知見を生かし、現場にあったカラス対策を提案いたします。

    年間でのコンサルティングから単発のミニコンサルティングまでご予算に応じて臨機応変に対応いたしますので、まずはご連絡ください(contact@crowlab.co.jp)。現在ミニコンサルティングキャンペーン中です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

    カラスの生理・生態に関する「セミナー・講演」

    市民の方や社内、会員向けのセミナー・講演なども行なっております。カラスの生態やそれを踏まえたカラス対策、最新カラス研究などニーズに合わせて対応可能です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

    CrowLabについて

    国立大学において16年間カラスの研究を行ってきた塚原が代表取締役を務めております。宇都宮市の支援を受け、2017年12月に創業いたしました。

    カラス研究で実績がある宇都宮大学と連携し、また、カラス研究の第一人者である宇都宮大学の杉田昭栄教授を顧問に迎え、カラス被害対策のコンサルティングやカラス被害対策の製品開発を事業として行っております。

    お問い合わせはこちら

    CrowLabCrowLab

    株式会社CrowLab
    〒320-0806
    栃木県宇都宮市中央3丁目1番4号
    栃木県産業会館3階
    宇都宮ベンチャーズ3号室
    TEL&FAX:028-614-3690
    Email: contact@crowlab.co.jp

    メニュー
    トップページ
    会社概要
    サービス
    製品紹介
    研究開発
    お知らせ
    お問い合わせ

    カラス対策
    CrowController
    パタパタロボ(仮)
    音声貸出サービス
    コンサルティング
    ミニコンサル
    講演

    その他
    カラスに関するコラム
    Twitter
    決算公告