知的財産に関する基本方針

株式会社CrowLabでは、自社の知的財産の権利化と活用に積極的に取り組んでいます。また、特許・商標の調査を行い、第三者の知的財産を尊重し、適切に取り扱います。これら基本方針にもとづき、ヒトと動物の間で生じる様々な課題の解決を目指します。

知的財産・知的財産権の定義

本方針において、「知的財産」とは、発明、考案、意匠、著作権その他の人間の創造活動により生み出されたもの、およびノウハウ、データその他の事業活動に有用な技術上の情報並びに成果有体物をいいます。また、「知的財産権」とは、特許権、実用新案、意匠、商標権、著作権その他の知的財産に関して法令で定められた権利または法律上保護される権益に係る権利をいいます。

知的財産の管理体制

株式会社CrowLabでは、迅速かつ積極的な知的財産の権利化と活用のため、また、自社の知的財産および知的財産権の保護、さらには第三者の知的財産の適切な取り扱いのため、知的財産管理を行う担当者を設けております。また、知的財産の迅速な権利化と知的財産権に関する法令の遵守のため、社外の弁理士等の知的財産に関する専門家の意見を積極的に取り入れております。

CrowLabCrowLab

株式会社CrowLab
〒320-0806
栃木県宇都宮市中央3丁目1番4号
栃木県産業会館3階
宇都宮ベンチャーズ3号室
TEL&FAX:028-614-3690
Email: contact@crowlab.co.jp

メニュー
トップページ
会社概要
サービス
製品紹介
研究開発
お知らせ
お問い合わせ

カラス対策
CrowController
パタパタロボ(仮)
音声貸出サービス
コンサルティング
ミニコンサル
講演

その他
カラスに関するコラム
Twitter
決算公告