カラスによる倉庫商品の汚損を防ぎたい!

倉庫でのカラス被害と科学的根拠に基づいた対策

倉庫での被害と原因

お菓子や果物などの食品が入ったダンボールはカラスに狙われやすいです。特に野外に一時的に置かなければならない場所や、商品の保管場所が完全に閉鎖されておらず出入りできる状況が長時間あるような場所では、カラスによって荒らされてしまうことがあります。

このような被害が発生してしまう要因は、まさに食べ物です。お菓子や果物は、カラスにとっては大変栄養価が高い魅力的な食べ物です。そして、比較的安全に食べ物を得ることができてしまいます。食べ物を得るための労力が少ないことも被害が発生しやすい要因と言えます。

倉庫でのカラス対策

準備中です

CrowLab代表の塚原の著書『カラスをだます』でも、カラスの生態を考慮したカラス対策を紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

長期的に倉庫でのカラス被害を軽減するCrowLabのカラス対策

CrowLabでは、代表の塚原による長年のカラスの音声コミュニケーションに研究から、カラスの行動をコントロールする技術を開発しました。具体的には、カラスが警戒する際の様々なシチュエーションの鳴き声を現場の状況にあわせてスピーカーから再生することで、カラスの警戒心をあおり、別の場所への移動を促します。以下の通り、多数実績があります。

倉庫などでのカラス対策の実績の例

三重県の物流会社での被害対策

準備中です

大阪府の物流会社での被害対策

準備中です

カラス追払い音声貸出サービス

自動車へのカラス被害には「カラス追払い音声貸出サービス」が適しております。
詳細は以下のサービス案内のページをご覧ください。

お問い合わせはこちら

CrowLabCrowLab

株式会社CrowLab
〒321-8585
栃木県宇都宮市陽東7-1-2
宇都宮大学
産学イノベーション支援センター
2階 プロジェクト実験室Ⅲ-1
TEL&FAX: 028-666-5569‬
Email: contact@crowlab.co.jp

メニュー
トップページ
会社概要
サービス・製品
研究開発
お知らせ
お問い合わせ

カラス対策
被害別の対策と実績
だまくらカラス
CrowController
パタパタロボ(仮)
コンサルティング・調査
講演

その他
カラスに関するコラム
カラスの写真や動画
Facebook
Twitter
サイトポリシー