カラスの鳴き声でカラスの警戒心を煽り被害を軽減します

CrowLab音声ライセンス「だまくらカラス」(旧「音声貸出サービス」)
(月額制・金額はお問い合わせください)

ご契約例(金額の目安)

1ha程度の果樹園にて、5)CCW-EC(AC100Vタイプ)を1台をご使用いただき、2箇月間で110,000円(税込)でご契約いただいている例がございます。
現場や使用する音声再生装置などの条件により価格が異なりますので、まずはお問合せください(お問合せフォーム)。
なお、送料は発送元負担とさせていただいておりますので、返送時の送料はご負担ください。

サービスの内容

単純に音声を再生するだけではすぐに慣れてしまうため、慣れにくい工夫を施すなど弊社の知見が詰まった音声をご利用いただける月額制のサービスとなります。 付帯サービスとして音声再生装置もお貸し出ししております。 慣れにくい工夫をしていますが、それでも必ず慣れます(物理的な侵入防止策以外に慣れない対策はありません)ので、慣れるたびに新しい音声を提供するといった保守サービスも込みとなっております。 さらに、それでも慣れてしまう場合もあり、特に音声の再生方法が重要です。 現場の状況にあわせて再生方法を工夫しないとすぐに慣れてしまう、ということもあり、現場のカラスの反応をみつつ、専門的知見を生かした適切な再生方法を提案・適切な音声を提供する、コンサルティングサービスが込みのサービスとなっております。

なぜ効果があるのか?

カラスの行動をコントロールする技術を持つ

国立大学での19年間のカラス研究から、鳴き声を使ってカラスをだますノウハウが得られました。スピーカーからカラスを不安にさせる鳴き声を再生することで、その場所が危険であるとカラスに認識させることが可能です。

無数のバリエーションで慣れさせない

カラスは賢く、同じ音声を流し続けると、追い払い効果は無くなってしまいます。弊社は、カラスを追い払う音声パターンを複数持っています。さらに、それらの音声の音響的特徴を独自のノウハウで加工することで無数にバリエーションを作ることができます。ある音声にカラスが慣れてしまった場合にも、再生する音声を交換することで再び追い払い効果が発揮されます。 「だまくらカラス」では、カラスの慣れに伴い、新しい音声を提供いたします。

適切な再生方法のサポート

長期的効果の実現のため、スピーカーの設置方法や再生のタイミングなど、現場にあった再生方法のコンサルティングも行います。メールによる遠隔でのサポートの他、長期契約では訪問サポートもおこなっております(出張費は別途頂戴いたします)。

Q&A

Q.サービスの金額はいくらですか?

A.月額制のサービスとなりますが、環境や場所などの条件により金額は異なります。まずはご相談ください。

Q.どのような電源を使用しますか?

A.100Vの交流電源を使うタイプと、太陽電池を使うタイプがございます。また、乾電池式やバッテリーを搭載した、持ち運びできるタイプもございます。

Q.どんな装置ですか?

A.上記の電源事情に加え、現場ごとに適した装置をお貸し出します。

お貸出しする装置の例

1)CrowController Wide(CCW)-ACO-100SP(交流電源100Vタイプ)

寸法は、本体部分が100x370x250mm、スピーカー部分まで含めると180x650x250mm。
電源ケーブルの長さは4.5m程度。
重量は6kg程度。
100VのAC入力による電源で稼働。
タイマーによる再生が可能。
あらかじめ内蔵された複数の音声は切り替えスイッチで変更可能。
内蔵された音声は本体に専用USBを挿入することで交換可能。
本体の筐体は金属製で防滴仕様。
本体とスピーカーは一体型で、スピーカーは1台のみ。

2)CCW-ACO-K(バッテリ内蔵タイプ)

外形は1)とほぼ同じで、寸法は、本体部分が100x370x250mm、スピーカー部分まで含めると180x650x250mm。
重量は7kg程度。
バッテリー内蔵。
満充電からの稼働時間は1日4時間再生で3日間程度使用可能です(音量などの使用条件や温度などの環境条件により再生可能時間は変わりますので、正確な使用可能期間は現地で試してみないとわかりません)。
なお、5度以下の低温下では極端に再生時間が短くなるなど正常に動作しない可能性があります。
100VのAC入力により充電。
充電時間は、6-8時間程度。
タイマーによる再生が可能。
あらかじめ内蔵された複数の音声は事前に設定されたプログラムで自動切替。
内蔵された音声やタイマ設定、音声切替タイミングは本体に専用USBを挿入することで交換可能。
本体の筐体は金属製で防滴仕様。
本体とスピーカーは一体型で、スピーカーは1台のみ。

3)CrowController Wide(CCW)-ACO-100SP(太陽電池タイプ)

↑ 音声再生装置本体(1)CrowController Wide(CCW)-ACO-100SP(交流電源100Vタイプ)と同一)
↑ 外部電源(太陽電池タイプ)

装置の本体部分の寸法が100x370x250mm、スピーカー部分まで含めると180x650x250mm、重量は6kg程度。
外部電源の寸法は470x788x598mm、重量は35kg程度。
プラスチックコンテナ内にバッテリとソーラーパネル接続用の方充電コントローラ等を格納し、コンテナ上部にソーラーパネルを取り付け、コンテナ外部に設置した音声再生装置と接続します。
ソーラーパネルにより発電され、バッテリに蓄電し、装置が稼働しますが、日照条件が悪い期間が1週間以上続く場合は、バッテリの充電が必要な場合があります。
なお、5度以下の低温下では極端に再生時間が短くなるなど正常に動作しない可能性があります。
タイマーによる再生が可能。
あらかじめ内蔵された複数の音声は事前に設定されたプログラムで自動切替。
内蔵された音声やタイマ設定、音声切替タイミングは本体に専用USBを挿入することで交換可能。
本体の筐体は金属製で防滴仕様。
本体とスピーカーは一体型で、スピーカーは1台のみ。

4)CrowController Wide(CCW)-ACO-100SP(バッテリ交換タイプ)

↑ 音声再生装置本体(1)CrowController Wide(CCW)-ACO-100SP(交流電源100Vタイプ)と同一)
↑ 外部電源(バッテリ交換タイプ)

装置の本体部分の寸法が100x370x250mm、スピーカー部分まで含めると180x650x250mm、重量は6kg程度。
外部電源の寸法は470x548x498mm、重量は30kg程度(別途、交換用のバッテリ1台25kg程度が付属)。
プラスチックコンテナ内にバッテリ1台を格納し、コンテナ外部に設置した音声再生装置と接続します。
1台のバッテリの持ち時間は2週間程度(音量などの使用条件や温度などの環境条件により再生可能時間は変わりますので、正確な使用可能期間は現地で試してみないとわかりません)。
なお、5度以下の低温下では極端に再生時間が短くなるなど正常に動作しない可能性があります。
バッテリ2台をお送りし、交換しながら運用いただくことも可能です。
一緒に同梱する充電器を用いたバッテリの充電時間は6時間程度。
タイマーによる再生が可能。
あらかじめ内蔵された複数の音声は事前に設定されたプログラムで自動切替。
内蔵された音声やタイマ設定、音声切替タイミングは本体に専用USBを挿入することで交換可能。
本体の筐体は金属製で防滴仕様。
本体とスピーカーは一体型で、スピーカーは1台のみ。

5)CrowController Wide(CCW)-ACO II-100(交流電源100Vタイプ)

寸法は、本体部分が400x310x180mm。
本体から、2台のスピーカーが1m程度のケーブルで接続(20mのケーブルで延長可能)。
電源ケーブルの長さは4.5m程度。
重量は5kg程度。
100VのAC入力による電源で稼働。
AC100V電源の確保が難しい場合、3)4)の外部電源に接続して使用可能。

タイマーによる再生が可能。
あらかじめ内蔵された複数の音声は切り替えスイッチで変更可能。
内蔵された音声は本体に専用USBを挿入することで交換可能。
本体の筐体は樹脂製で防滴仕様。

6)CCW-EC(交流電源100Vタイプ)

寸法は、本体部分が320x320x150mm。
本体から、2台のスピーカーがそれぞれ18m程度のケーブルで接続。
電源ケーブルの長さは4.5m程度。
本体重量は3kg程度、スピーカー重量は1台につき500g程度。
100VのAC入力による電源で稼働。
タイマーによる再生可能。
音声の切り替えは、microSDカードを交換することにより行う(1枚のmicroSDカードに1種類の音声ファイルが入っている)。
必要に応じてmicroSDカードを交換。
本体の筐体はプラスチック製で防滴仕様。

7)TWB-300(乾電池タイプ)

寸法は、218×371×350mm。
重量は約4000g(乾電池を除く)。
単一電池8本で稼働。
稼働時間は連続再生で15時間程度(待機時の消費電力、放電は含みません。音量などの使用条件や温度などの環境条件により再生可能時間は変わりますので、正確な使用可能期間は現地で試してみないとわかりません)。
音声がSDカードに入っており、音声の切り替えは、切り替えスイッチにより行う。
必要に応じてSDカードを交換。
本体の筐体はプラスチック製で防滴仕様。
タイマーはなし。

8)AX-25WB(乾電池タイプ)

寸法は、228×228×380mm。
重量は約1000g(乾電池込み約1550g)。
単二電池8本で稼働。
稼働時間は連続再生で10時間程度(待機時の消費電力、放電は含みません。音量などの使用条件や温度などの環境条件により再生可能時間は変わりますので、正確な使用可能期間は現地で試してみないとわかりません)。
音声の切り替えは、USBメモリを交換することにより行う(1個のUSBメモリに1種類の音声ファイルが入っている)。
必要に応じてUSBメモリを交換。
本体の筐体はプラスチック製で防滴仕様。
タイマーはなし。

Q.効果はどのくらい続きますか?

A.どのような音声を使って追い払いをしても、カラスは必ず慣れてしまいます。本サービスでは、慣れる事を前提としており、無制限に音声を交換しております。音声を交換することで慣れが解消されることを確認しており、これまでの現場では長期的効果を実現しております。

その他ご不明点は以下までお問い合わせください

メールお問い合わせ

カラス被害別の対策例

カラス追い払い実験の様子

宇都宮市堆肥場での実験

これまでの19年間のカラス研究のノウハウがつまった特殊な音声が高いカラス撃退効果を上げております。カラスが集まる宇都宮市の堆肥場での実験です。カラス追払い音声を再生しなかった時と再生した時のカラスの飛来状況の比較です。 音声を再生していない時は多数のカラスが飛来し、生ゴミや虫をつついています。音声再生時はほとんどカラスの飛来がありません。飛来があっても、音声を聞いてすぐに飛び去ります。

静岡県養豚場近くでの実験

【企業秘密のため音声無しの動画です】2018年6月に静岡県某所にてカラスの追い払い実験を行いました。カラスがパニックになる音声を流した後、周囲にいたカラスが一斉に飛び立ちました。しばらく旋回した後、遠方へと飛び去って行きました。

栃木県ねぐら近くの公園での実験

CrowLab(クロウラボ)が行う栃木県某所でのカラス追い払い実験の様子です。カラスが嫌がる音声を再生すると、一度スピーカー上空に様子を見に来ます。旋回した後、逃避していきます。 ※ カラス忌避音声は企業秘密のため、動画の音声を一部調整しております。

リーフレット

CrowLabCrowLab

株式会社CrowLab
〒321-8585
栃木県宇都宮市陽東7-1-2
宇都宮大学
産学イノベーション支援センター
2階 プロジェクト実験室Ⅲ-1
TEL&FAX: 028-666-5569‬
Email: contact@crowlab.co.jp

メニュー
トップページ
会社概要
サービス・製品
研究開発
お知らせ
お問い合わせ

カラス対策
被害別の対策と実績
だまくらカラス
CrowController
パタパタロボ(仮)
コンサルティング・調査
講演

その他
カラスに関するコラム
カラスの写真や動画
Facebook
Twitter
サイトポリシー