top

当社における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への対応について

今般の社会情勢を考慮しまして、当社は、原則テレワークに移行しております。そのため、会社への留守番電話・FAXの確認に時間を要する場合があります。御用の方は「お問い合わせページ」よりご連絡ください。
製品等の発送についても、遅延が生じる可能性がございますので、予めご了承ください。

カラス駆除からカラスとの共存へ

銃器や罠による駆除。カラス対策は、とにかくカラスを減らそうという手段がとられがちです。カラスの繁殖力を考えると、これらの対策はあまり効果的でないと考えられます。詳しくはこちらをご覧ください。
弊社には、カラス同士のコミュニケーションを利用し、鳴き声を使ってカラスの行動をコントロールする技術があります。この技術を応用することにより、捕獲に頼らず平和的にカラスとヒトが共存する社会を実現します。
追い払いなどの対策を行っても、カラスはすぐに慣れてしまいます。弊社は、カラスが慣れることを前提とした上で、長期的に効果を実現させるノウハウを持っています。既存の対策では効果が持続しなかったという方、ぜひご相談ください。
弊社は宇都宮大学発ベンチャーとして、学術的根拠に裏付けられた本当に効果のあるカラス被害対策を提案します。

自治体のカラス対策のご担当者様へ〜根本的なカラス対策の提案〜

CrowLabでは根本的なカラス対策として、「無自覚な餌付けストップキャンペーン」の施策を提案しております。本キャンペーンは、カラスの餌が極端に減る冬に、人の生活に由来する餌資源を住民参加で1週間だけ管理し、カラスの個体数コントロールに結びつけるという対策です。できるだけ多くの住民に参加してもらうことで高い効果を発揮することが期待されます。ぜひ、自治体主導で大規模な運動へと展開していただきたいです。キャンペーンについては詳しくは以下をご参照ください。



各自治体において、本キャンペーンを実施するにあたり、一定の条件のもと、以下のようなイラストやテキストなどのコンテンツをご利用可能です。ご希望の方には、Power Pointファイルをお送りすることも可能ですので、CrowLab宛(contact@crowlab.co.jp)にご連絡ください。

カラス被害別のCrowLabの対策と実績

CrowLabのサービスや製品

CrowLabの取り組みや研究開発

What's New?

  • Publication 代表取締役の塚原の著書「カラスをだます」がNHK出版より好評発売中です。カラスの生態と対策を楽しく紹介しております。カラスが好きな方はもちろん、カラスにお困りの方はぜひご覧ください。
  • Media テレビ朝日「ABEMA的ニュースショー」に塚原が出演しました。
  • Media 熊本日日新聞に「警戒音でカラス退散 熊本市中心街 フン害、ごみあさり…関係者ら対策スタート」と題して、CrowLabが熊本市に提供しているサービスについて紹介されました。
  • Media NHK熊本放送局のニュースにて「フン害防止! カラスを追い払う実験 熊本市花畑公園」と題して、CrowLabが熊本市に提供しているサービスについて紹介されました。
  • Media Yahoo!ニュースに「“カラス語”で撃退!慌てて逃げ出す秘密の鳴き声」と題して、CrowLabが取り上げられました。
  • Media テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に、代表の塚原が出演しました。
  • Lecture 飯田市カラス対策講演会にて、「カラスの生態と身近な物でできる農業被害対策」というタイトルで講演を行いました。
  • Media NHKBSプレミアム特番「東野幸治のこれがワタシの生きる道!?」に、代表の塚原が出演しました。
  • Publication 日本鳥学会2021年度大会にて、「縄張り内でのプレイバック実験によるハシブトガラスの警戒声の分類」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 日本鳥学会2021年度大会にて、「佐賀市の大型箱罠で捕獲されたカラス類における齢構成の季節推移」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 日本鳥学会2021年度大会にて、「環境収容力に基づくカラスの個体数制御の施策の実施例及び環境収容力の理解を促すシリアスボードゲームの開発とその学習効果」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 日本畜産学会第129回大会にて、「カラスの警戒声はウマのストレスとなりうるか?」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 動物の行動と管理学会2021年度大会にて、「音声再生によるミヤマガラスの集団ねぐら移動の試み:熊本市での事例報告」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 動物の行動と管理学会2021年度大会にて、「忌避音声を使ったカラス対策の持続性を決める要因」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 動物の行動と管理学会2021年度大会にて、「カラスロボットでカラスをだますには動きが重要である」というタイトルで発表を行いました。
  • Publication 「農業かごしま」2021年9・10月号にて、代表取締役の塚原の記事「カラスを知り、カラスと賢く付き合うには③」が掲載されました。

過去のNEWS一覧 >

スタッフプロフィール

代表取締役 塚原 直樹

博士(農学)

宇都宮大学特任助教

群馬県桐生高校卒業。CrowLab代表取締役。宇都宮大学にて杉田昭栄教授のもと、カラスの音声コミュニケーションの研究に従事し、博士取得。宇都宮大学特任研究員、総合研究大学院大学助教を経て、現在は、宇都宮大学特任助教。カラス研究一筋19年。主な著書にNHK出版『カラスをだます』

個人ウェブサイトはこちら

取締役 永田 健

灘高校卒業。京都大学にて理論天文学を、総合研究大学院大学にて分子進化学、科学技術社会論を研究。代表取締役の塚原とともに、2017年12 月に株式会社Crow Labを設立し、カラスの行動、被害対策に関する研究に従事。

CrowLabについて

国立大学において19年間カラスの研究を行ってきた塚原が代表取締役を務めております。宇都宮市の支援を受け、2017年12月に創業いたしました。

カラス研究で実績がある宇都宮大学と連携し、また、カラス研究の第一人者である宇都宮大学の杉田昭栄教授を顧問に迎え、カラス被害対策のコンサルティングやカラス被害対策の製品開発を事業として行っております。

お問い合わせはこちら

CrowLabCrowLab

株式会社CrowLab
〒321-8585
栃木県宇都宮市陽東7-1-2
宇都宮大学
産学イノベーション支援センター
2階 プロジェクト実験室Ⅲ-1
TEL&FAX: 028-666-5569‬
Email: contact@crowlab.co.jp

メニュー
トップページ
会社概要
サービス・製品
研究開発
お知らせ
お問い合わせ

カラス対策
被害別の対策と実績
だまくらカラス
CrowController
パタパタロボ(仮)
コンサルティング・調査
講演

その他
カラスに関するコラム
カラスの写真や動画
Facebook
Twitter
サイトポリシー